(株)佐藤塗装所は腕自慢の技能士が丁寧に塗装します。

株式会社佐藤塗装所は山形県上山市を拠点に資格を持った技能者が確かな塗装をする会社です。

TEL.023-672-1717


〒999-3135  山形県上山市南町7-5

資格、講習会

上山市 とある神社の軒天

題名通りの上の写真です。数十年の風雪に耐えた状態ですね。無残です。

ゼネコンさんからの依頼です。

大工職が軒天のベニヤ板取り換えました。

汚れた塗装面に色合わせるのはかなり技術がいるのですが、そこは塗料調色技能士ですから上手くいきました。

小さな仕事も心を込めて塗装します。株式会社佐藤塗装所

上山市 小学校プール 塗装編

先日 高圧洗浄で綺麗にしたプールですが、無事機械工事が終了したようなんですが・・・。

現場監督は、このシーリングの工事に強い不満があるようでして。現場に呼ばれました。

上の画像のグレーのシーリング部分を外壁の色に調色し塗装いたしました。

やはり同色になれば綺麗ですね。

塗料調色を得意としております。株式会社佐藤塗装所。

上山市 中学校点検口塗装工事

上山市にある中学校の点検口を新設したとの事で、その塗装工事に伺いました。

廊下。

女子トイレ。

男子トイレ。

それぞれの既存色に合わせ塗料調色をし、塗装します。

塗装中。

ご覧の皆さん、いかがでしょうか。

これがプロフェッショナルの仕事です。国家検定単一等級調色技能士の仕事です。株式会社佐藤塗装所。

国家検定 単一等級塗料調色技能士 1。

世の中に単一等級塗料調色技能士と呼ばれる資格があります。指定された色見本と同様の色見本を短時間で作る能力や、シンナーやアルコールなどの透明な液体5種を嗅覚だけで当てる実技の試験と、それに対応した筆記試験だったと思います。

それで、今回はこんな仕事を依頼されました。

青と白と赤と黄色の4色を操り10分ほどで作り、刷毛でその部分のみ塗ります。


この色はかなり難しい部類の色ですが、ほぼほぼ判らなくなりました。

私に「ここ」、「ここ」と指定した現場監督は塗装終了後に来て「どこだったんだろう。と一人で探し廻ったんだそうです。

塗料調色技能士がいる塗装所、ライセンス持ってます。株式会社佐藤塗装所。

上山市 とあるビルにて。

とあるビルの地面との接地部分ですが、舗装作業にて建物部分に汚れが生じた模様です。よくご覧下さい。

白い部分の左側です。

2色目。赤い壁面に茶色い舗装材が付いています。

それをオレンジ色に調色し塗装して見て判らなくしています。どうでしょう。

3色目。茶色の部分を色合せし。

こちらも区別つかなくなりました。

私は国家検定である「塗料調色技能士」の資格を持ったプロの調色&塗装職人です。

いままでも、遠くに住まいしているお客様が 私の腕前に惚れ込んでいただき、その為だけに調色作業をしに行ったことがございます。

依頼があれば対応いたします。株式会社佐藤塗装所

上山市 小学校フロアー補修工事

電気屋さんが照明の交換工事にて誤ってフロアーに損傷をあたえてしまい、その補修工事を依頼されました。

着色補正中。

着色補正完了。皆さん判りますか?

周囲に合わせてクリヤー塗装を施しご覧のとおりです。

これがキャリア36年、国家検定の調色技能士の仕事です。そのへんの自称ペンキ屋とはレベルが違います。株式会社佐藤塗装所。

フルハーネス型安全帯仕様作業時特別教育

通常安全帯といいますと、今まで胴ベルト型の安全帯だけだったたのですが2022年からフルハーネス型と呼ばれる上の絵のような物を着用しなければならないよになりとある施設で法律に基づいた特別教育を受けてきました。

自分のためのスキルアップは抜かりなく。

安全第一 株式会社佐藤塗装所。

上山市 とある公共施設にて。

本日はこちらのドアの中での塗装工事です。

この出入り口枠を下塗り塗装中です。

あまり代わり映えしませんが、出入り口枠の上塗り塗装完了です。

1日後、建具が搬入され建具屋さんが取り付けを致しました。コベリと呼ばれる白木の部分の塗装を追加依頼され、マスキングテープを貼り塗装準備OKですね。

引き続き下塗りをし、上塗り塗装完了し工事完了です。

拡大してみましょう。

皆様いかがでしょうか。両脇の薄い白木の部分がピッタリと色合せされているのがおわかりかと思います。

この水色は通常の原色では作れない色でして特殊な原色をこの日のために購入し、現地で色合せと艶調整をしピタリと合わせました。

これが山形県唯一の塗装業を営む塗料調色技能士の証なのです。

あなたの気になる部分の色をピッタリと色を合わせます。

腕自慢 株式会社佐藤塗装所。

塗料メーカー講習会

今年も組合主催のメーカー講習会に参加し知識のレベルアップを図ってまいりました。

午前の部は業界のリーディングカンパニー 日本ペイント。

屋根の劣化の原因やサイディングの凍害の話など、直ぐに仕事に生かせる内容でした。

午後の部は木部専業メーカーの大阪塗料。

画期的な新製品を自分で試し塗りを致しました。

日々勉強 株式会社佐藤塗装所。

上山市 とある住宅シャッター枠塗装

長年使われてきたシャッターの柱の補強後に塗装の依頼がありました。

塗装前はこのような状態でした。

依頼内容は、「グレーの錆止めの部分のみ周辺の色に合わせて塗装してほしい」とのことでした。

2級技能士の資格を持つ弊社職人の仕事ぶりいかがでしょうか?

お客様も「見事だと」、大喜びでした。株式会社佐藤塗装所。