(株)佐藤塗装所は腕自慢の技能士が丁寧に塗装します。

株式会社佐藤塗装所は山形県上山市を拠点に資格を持った技能者が確かな塗装をする会社です。

TEL.023-672-1717


〒999-3135  山形県上山市南町7-5

多能工

上山市 板塀トタン塗装 塗装編。

いよいよお約束した塗装当日となりました。

まずは門かぶり松の幹の後の笠木の形成から。

逆光で判りづらい写真ですが、上の写真と比べるとビフォー&アフターがお解りなるかと思います。

全面錆止を塗装し乾燥を待ち。

1日ですべての面を塗装いたしました。

こちらの写真は見やすいですね。美しく完成いたしました。

ちょっとしたトタンの板金工事も承っております。ご連絡下さい。

株式会社佐藤塗装所。

山形市 W邸屋根塗装工事 番外編

屋根の高圧洗浄中のことです。竪樋の排水が詰まっておりまして水が逆流いたしまして、よく見ると塩ビ管の中が詰まっていました。

ご覧のとおり

ご覧のとおり詰まっています。

施主様とご相談いたしまして。

建物の外側へ排水出来るように塩ビ管で排水工事を行ないました。

排水工事も自社施工で行ないます。施主様から大変感謝されこちらこそ恐縮です。

株式会社佐藤塗装所。

山形市 W邸屋根塗装工事 雪止めアングル取り付け工事編

現場に切断機を持ち込みまして、雪止めアングルの取り付けを行ないます。

以上2階。

雪止めアングル取り付け完了です。

屋根の塗装中にスコップで出来たような穴を発見いたしました。

錆止塗装後に

シーリング充填。一流の塗装屋はこんなことをサラリとサービス工事を行ないます。

決して「見積りに入っていない」とか言わずに黙ってやっときます。

完成写真がこちらです。

ではまた明日・・・。株式会社佐藤塗装所。

上山市 A様邸リフレッシュ塗装工事 美しく完成いたしました。

いよいよこちらのお宅も無事完成となりました。

天気も快晴だと映えますね。

このバルコニーの外壁は私が交換した部分です。ちなみに施工前は・・・。

・・・でした。

このコーナーも交換いたしました。

これで雨水の浸入の可能性はなくなりました。

施主様は、3社を比較してのお値打ち価格での契約。お値段以上の手間をかけた作業の数々と仕上がりの美しさに大変満足されたご様子でした。

この度の工事は事前に上山市のリフォーム補拠金を申請いたしましたので、弊社が全面的にバックアップいたしまして施主様はトータル工事金額の10%を後日キャッシュバックとなりました。

何なりとご相談下さい。株式会社佐藤塗装所。

上山市 A様邸リフレッシュ塗装工事 屋根塗装編。 

季節的に厳しかったので、2Fの屋根から塗装しています。

色はブラックです。

スノーストップを取付けると隠れるところですが、シッカリ塗っています。

スノーストップを取付けました。

アサヒソーラーの屋根上配管に保温がなっていないところがあり、施主様とご相談をし。

敢えてキャンバスではなく専用テープで固定しております。

2階の屋根塗装完了です。

株式会社佐藤塗装所。

上山市 A様邸リフレッシュ塗装工事 足場架設&メッシート張りとサイディング調査編。 

足場が組み上がりました。

また足場に登り調査すれば、色々な面が見えてきます。

凍害にての損傷ではありますが、アルミの突端に水切りがないのが原因のようです。ですからこれは設計者の怠慢でしょう。

早速、本日から作業開始です。サイディングを外してみました。

なるほど・・・。こうなっていましたか。明日サイディング貼りを私が行ないます。ご期待下さい。株式会社佐藤塗装所。

上山市 K邸外壁・屋根塗装工事 ミュールコート再生工事。


こちらのお宅の外壁塗装で一番最初に手を付けるのは角柱風にみせているミュールコート仕上げのこの部分です。

濃厚な専用樹脂をコテで充填していきます。

弊社は左官工事も承っております。

施工直後は白く濁っていますが。

このように美しく蘇りました。

これでまた30年程度は長持ちしてくれます。

色々な施工やっています。株式会社佐藤塗装所。

上山市 K邸外壁・屋根塗装工事 自社足場架設、高圧洗浄編。

無事ご契約いただき、上山市のリフォーム補助金を事前に弊社が申請手続きをいてしまして、ようやく着工の運びとなりました。

隣地に接している所や総二階部分などは仮説足場を組み、メッシュシートを張っております。

引き続き、屋根外壁の高圧洗浄作業を行ないました。

今日はここまで。株式会社佐藤塗装所。

上山市 とあるお宅の板塀からの屋根塗装 安全第一高圧洗浄編。 

板塀の塗装に引き続き屋根のとそうの仕事も依頼されました。

結構勾配がキツく足下も滑りますので、弊社は安全第一ですまづは親綱を張り安全確保からです。

安全帯を親綱に繋ぎ足下に注意しながら高圧洗浄作業です。

スノーストップの下も綺麗に洗浄していきます。

旧塗膜が洗い流され、トタンの地肌が現れました。

夕方までかかりましたが、高圧洗浄作業終了です。

安全第一 株式会社佐藤塗装所。