(株)佐藤塗装所は腕自慢の技能士が丁寧に塗装します。

株式会社佐藤塗装所は山形県上山市を拠点に資格を持った技能者が確かな塗装をする会社です。

TEL.023-672-1717


〒999-3135  山形県上山市南町7-5

こんな仕事もやってます。

上山市 O邸雪止め取り付け工事

寒くなりお得意様の中には、これからのシーズンに向けて「雪止めを設置したい」とおっしゃる方もいてその工事に伺いました。

今までの雪止めを二重にしたいとのことです。

丁寧に取り付けていきます。

雪止め工事も承っております。株式会社佐藤塗装所

上山市 A邸外部塗装工事 雪止め取り付け編。

こちらは蔵の屋根の施工前の写真になるのですが。

雪の重みで潰れた状態で、雪どの効果はほとんどありません。

ですからこのような後付け型の雪止めを取り付けて、雪の落下を防ぎます。

(塗装後に取り付けました)

取り付けた状態がこちらです。

雪止めの取り付けも承っております。(株)佐藤塗装所。

上山市 K邸目地シーリング工事 2.

屋根とシーリングの打ち替えの工事が決まりまして、本日施工となりました。

2箇所目

シーリングは変成シリコンを使用しても10年から15年程度しか持ちませんので、定期的に点検し適期にシーリングを打ち替える必要があります。

株式会社佐藤塗装所

上山市 台風一過 トタン屋根が剥がれた。

先日の台風の通過でうちのお得意様の「屋根のトタンが剥がれた」とお電話をいただき早速いって参りました。

屋根の頂上部分の笠木と呼ばれるところのトタンが2枚なくなっていました。

周辺を探せば。

敷地内に落ちておりました。

今回は、釘ではなくビスにて固定しています。

剥がれなかったところもビスで打ち直しをし、作業終了です。

アフターサービスもしっかり行っています。株式会社佐藤塗装所

上山市 s邸木部再生塗装 2

見積書を提出しましたところ、「直ぐにでも塗装工事を始めてほしい」とのことでしたが、弊社はありがたいことに仕事が詰まっておりましたので2ヶ月ほどお待ちしていただきましての施工となりました。

この日の着工前です。

足下の銅板を外し、床面をビニールで養生いたしました。

色々な道具と材料を今までの経験を元に職人としての腕を披露いたしました。

最初の写真と比べてください。様々な汚れが取れて新品同様の下地に戻りました。

明日は保護塗料を塗装いたします。

腕自慢!株式会社佐藤塗装所

上山市 s邸木部再生塗装 1

上山市内の築12年ぐらい経ったお宅の木部の塗装依頼です。

まずは全景から。

施主様が一番気にしていらっしゃるのは、この玄関の2本の柱でした。

寺社建築のような優雅な玄関ポーチなのですが、築後今までメンテナンスを施してこなかったことが災いして、重厚な欅の柱が黒くカビが生えているような状態です。

「何とかしてほしい」とお話をいただいたわけです。

そのほかの塗装部位は。

入母屋破風。

角の付け柱。等々をこの機会に美しく塗り替えます。

乞うご期待。

株式会社佐藤塗装所

米沢市 A邸屋根&外壁塗装工事 雨樋工事

屋根、外壁以外の部分についての報告になります。

まずは雨樋。

たぶん風による影響だったと思うのですが、受け金具があるのに部材がない西側の状況です。

新しい部材と取り替えました。(自社施工です)

雪深い米沢ですから、補強部材が付いた受け金具がついた丈夫な金具を選択いたしました。

これで安心です。㈱佐藤塗装所

雨樋から水が溢れるんですけどpart2。

先日も「雨樋から水が溢れるんですけど」とお電話をいただきすぐ参上したお話をしたのですが、こちらのお宅も雨樋から水が溢れるんですけどとご相談を受けました。下から見ている分には判りませんが、屋根に上ってみれば・・・。

前回、どちらの塗装屋が塗ったのかは判りませんが、経験年数32年の私が鑑定すれば8年から10年ほど経っており、丁度塗り時の屋根の状態です。

そして雨樋を確認すれば・・・。カンカン照りの真夏の暑い日なのに樋の中央付近に水溜まりが有りますね。

つまりそこが一番低いところなんです。

結果的にその真下が玄関ですので、雨が降るたびにずぶ濡れなんだそうです。

雨樋の勾配調整工事をお勧めいたしました。

雨樋工事も承っています。(株)佐藤塗装所

雨樋から水が溢れるんですけどpart1。

昨年屋根の塗り替えをさせていただいたお得意様から「何か、雨が降ると雨樋から水が溢れるんだけど・・・。」とお電話がありました。

結局、実際に現場を見なければ何ともいえない。と。足を運んでみました。

まだ雨が降っていた頃下から見ていたら、この写真の中央部から溢れていたんです。

近づいてみましたら、やはり雨がやんでも水がたまっている状態です。

いろいろ見て回ってみましたら、こんな状態でした。

軒樋の吸い込まれる集水器のところは、蜘蛛の巣で覆われ埃がからみつき目詰まりをおこしておりました。これじゃ排水できませんからね、溢れるのも当然です。

ちょっと手を加えたらこんな感じ。

きれいに撤去してみました。これで雨水が溢れることはありませんね。

そのほかの部分もほぼ全滅です。何もしなかったら遅かれ早かれどこもかしこも溢れていたんでしょう。

皆様、雨樋の点検は定期的にすることをおすすめいたします。

雨樋清掃も受け賜っております。株式会社佐藤塗装所

上山市 A邸屋根塗装工事 施工編。

仕事が込んでおり少々お待たせいたしましたが、ようやく屋根塗装工事を開始いたします。

写真で確認できるがわかりませんが、ターボノズルを取り付けた弊社の高圧洗浄機は高出力でありかなりの効果があります。

グラインダーを用い横長尺の折り目部分を重点的に錆を取っていきます。

徹底的に錆を取った状態がこちらです。

このようにグラインダーでのケレンで地肌が現れたトタンに錆び止め塗料を塗装していきます。

そして一日乾燥させ、次の日上塗りを施します。

綺麗になりました。

下からのアングルでもこの通り。これがプロの仕事です。

株式会社佐藤塗装所