(株)佐藤塗装所は腕自慢の技能士が丁寧に塗装します。

株式会社佐藤塗装所は山形県上山市を拠点に資格を持った技能者が確かな塗装をする会社です。

TEL.023-672-1717


〒999-3135  山形県上山市南町7-5

2019年

米沢市 A邸屋根&外壁塗装工事 

連日、芋煮会と称する飲み会が続きまして、更新が届こうっておりますがまた引き続きお楽しみください。

高圧洗浄作業の後は、錆落とし作業からです。電動工具(グラインダー)で徹底的に錆落としです。

私は鋼橋塗装1級技能士の資格を保有しています。このグラインダーの扱いも国家検定の正式な試験を通ったプロの腕前ですから、地肌を傷つけず錆のみを除去することが可能なんです。どうですか、いい具合ですね。

引いた画像です。

そして午後からは、すかさず錆止め塗装に移ります。

全面に均一に錆止め塗装をいたしました。弊社では必ず見えなくなるところも写真を撮り、証拠の写真を残しております。お留守にしているお施主様に後日聞かれても画像を見ながらご説明できます。(弊社は一切、手抜きはいたしません。見積もり以上の仕事をいたします)

笠木と呼ばれる屋根の頂上部分のトタンの釘が抜けていましたので、無料サービスとして

絶対抜けないビスで固定しておきました。塗装職人としては当然のことだと思いますが、意外と他の塗装屋はやっていません。

今日はここまでです。(株)佐藤塗装所

米沢市 A邸屋根&外壁塗装工事 高圧洗浄編。

シーリングも乾燥し、次の工程は高圧洗浄作業です。

まずは屋根から。

引き続きアイジーサイディングの洗浄に移ります。

社長の私が自ら洗浄ガンを握り、徹底的に汚れを落とします。

いままで数十年の汚れが綺麗になります。

一晩乾燥し、明日屋根の塗装に移ります。

(株)佐藤塗装所

米沢市 A邸屋根&外壁塗装工事 下地作り編。

いよいよ本日から実質的に塗り替え作業スタートです。

まづはシーリングの打ち替えです。

撤去後。

このような状況です。

エアコンのパイプがこのような状態でしたので、取り替えます。

このような部品で施工します。

新品に生まれ変わりました。皆さんどうでしょうか。

アンテナの保持金具も。

今後錆びないようにステンレス製の部品を仕入れ、元通りに取り付けます。

上手くいきました。

その他、いろいろな箇所を向上させ塗装仕上げに備えます。

株式会社佐藤塗装所

米沢市 A邸屋根&外壁塗装工事 詳細な調査編。

足場が組み上がりましたので、足場にのぼり下地調査をおこないます。

破風板のトタンが剥がれていますね。私自身初めて見ました。平坦部の畑の真ん中にあるお宅で、風が非常に強い場所ですのでこのようになったのだと思います。

外壁には穴が開いています。

シーリングこのような状態です。

アンテナの固定金具は完全に赤さびだらけです。交換をお勧めいたしました。

プラスチック製の喚起フードですが、紫外線による経年劣化でひび割れ発生です。これも交換ですね。

雨樋も内側から錆びていますので交換時期です。

せっかく足場を組んでばらしてから「あそこも綺麗にしたかった」なんて解体後思っても後の祭りです。気づいたことは早め早めに施主様にお知らせし最善の対策をご提案いたします。

株式会社佐藤塗装所

米沢市 A邸屋根&外壁塗装工事 受注いたしました。

弊社と上山市のY総業との相見積もりとなったのですが、同じ項目で見積書を作成した結果は。

弊社、佐藤塗装所は提出価格92万円。

対するY総業は120万円。約30万の差があったそうです。

(Y総業の営業曰く、そんな安くする塗装屋は信用してはいけない!と施主様に訴えていたそうです。)

私ども(株)佐藤塗装所はお客様本位の安くて、丁寧な仕事をすると評判なのです。(社長の私が見積もりをし、自ら現場に入り塗装し可能な限り経費を圧縮しギリギリの単価での見積書を提出しており、お客様の納得いくまで打ち合わせをし今まで培ったノウハウを元に塗膜として施主様に提供いたします)

このブログを見ていただいている方々はその差がおわかりだとおもいます。

大きな会社に頼めば安心と思う気持ちもわかりますが、キャリアの少ないレベルの低い職人を多く抱え経費をより多くとる会社にはくれぐれも注意した方がよいかもしれません。

後日、工事を開始いたしました。

続く・・・。

株式会社佐藤塗装所

米沢市 A邸屋根&外壁塗装工事 現場調査編。

弊社ホームページをご覧いただきお電話をちょうだいしたお客様になります。

伺う日にちを打ち合わせの上、米沢市に参上いたしました。

屋根に上ってみましょう。

もっと寄ってみましょう。

だいぶ錆や地肌が現れ、塗装サイクルの適期を過ぎているようですが、全面錆止めをしないとまずいようです。

外壁は

素材はアイジーサイディングですが、赤錆が発生しておりました。

こちらは白錆です。

シーリングが有るところののですが、跡形も有りません。

水切りも錆びていますね。

施主様は「屋根だけでいいんだけど」とおっしゃられていましたが、一緒にこの状態を見たら全部塗り替えねばと思案中のようでした。どうなりますでしょうか?

株式会社佐藤塗装所

雨樋から水が溢れるんですけどpart2。

先日も「雨樋から水が溢れるんですけど」とお電話をいただきすぐ参上したお話をしたのですが、こちらのお宅も雨樋から水が溢れるんですけどとご相談を受けました。下から見ている分には判りませんが、屋根に上ってみれば・・・。

前回、どちらの塗装屋が塗ったのかは判りませんが、経験年数32年の私が鑑定すれば8年から10年ほど経っており、丁度塗り時の屋根の状態です。

そして雨樋を確認すれば・・・。カンカン照りの真夏の暑い日なのに樋の中央付近に水溜まりが有りますね。

つまりそこが一番低いところなんです。

結果的にその真下が玄関ですので、雨が降るたびにずぶ濡れなんだそうです。

雨樋の勾配調整工事をお勧めいたしました。

雨樋工事も承っています。(株)佐藤塗装所

雨樋から水が溢れるんですけどpart1。

昨年屋根の塗り替えをさせていただいたお得意様から「何か、雨が降ると雨樋から水が溢れるんだけど・・・。」とお電話がありました。

結局、実際に現場を見なければ何ともいえない。と。足を運んでみました。

まだ雨が降っていた頃下から見ていたら、この写真の中央部から溢れていたんです。

近づいてみましたら、やはり雨がやんでも水がたまっている状態です。

いろいろ見て回ってみましたら、こんな状態でした。

軒樋の吸い込まれる集水器のところは、蜘蛛の巣で覆われ埃がからみつき目詰まりをおこしておりました。これじゃ排水できませんからね、溢れるのも当然です。

ちょっと手を加えたらこんな感じ。

きれいに撤去してみました。これで雨水が溢れることはありませんね。

そのほかの部分もほぼ全滅です。何もしなかったら遅かれ早かれどこもかしこも溢れていたんでしょう。

皆様、雨樋の点検は定期的にすることをおすすめいたします。

雨樋清掃も受け賜っております。株式会社佐藤塗装所

上山市 A邸屋根塗装工事 施工編。

仕事が込んでおり少々お待たせいたしましたが、ようやく屋根塗装工事を開始いたします。

写真で確認できるがわかりませんが、ターボノズルを取り付けた弊社の高圧洗浄機は高出力でありかなりの効果があります。

グラインダーを用い横長尺の折り目部分を重点的に錆を取っていきます。

徹底的に錆を取った状態がこちらです。

このようにグラインダーでのケレンで地肌が現れたトタンに錆び止め塗料を塗装していきます。

そして一日乾燥させ、次の日上塗りを施します。

綺麗になりました。

下からのアングルでもこの通り。これがプロの仕事です。

株式会社佐藤塗装所

上山市 A邸屋根塗装工事 現場拝見。

とある方からのご紹介で「一度、屋根を見て欲しい」とのお話をいただき一緒に登ってみました。

アイボリーの屋根に錆汁が流れているのが解りますね。もう少し寄ってみましょう。

皆さんいががでしょうか。3年前に他所の塗装屋に依頼しこのようになったそうなんです。弊社は今までの膨大なデータの蓄積がありますので施主様にはなぜこうなったのかの化学式での説明や物理的な状況の説明を行い、施主様に納得いくまで説明を行い見積書を提出させていただきました。

(株)佐藤塗装所